小松 龍史

小松 龍史 日本栄養士会 代表理事会長

 

小松 龍史

日本栄養士会 代表理事会長

 

まずはWAVES Japanが超高齢社会における栄養課題に医療関連職種を糾合され、積極的な活動を展開されていることに、心より敬意を表します。超高齢社会を迎えるにあたり在宅での療養や要介護者がますます増加し、ごく普通の生活の一部である「食・栄養」の自立が脅かされている人々が増えています。WAVES Japanは人々の栄養への意識を開花させ、低栄養を予防することにより、「食・栄養」の自立を促そうという取り組みであります。特に一般の市民や高齢者に分かりやすく食や栄養について「気づき」を促す『元気に食べていますか?』運動を展開されていることは、まことに時機を捉えたすばらしい活動であります。

奇しくも公益社団法人日本栄養士会においては今年から8月4日を「栄養の日」、8月1日から7日を「栄養週間」として、「たのしく食べる、カラダよろこぶ」を合言葉に、全国の管理栄養士・栄養士が10万人の人々に対して、食生活における「栄養と健康」についての、まさに「気づき」を促す活動を展開いたしました。日本栄養士会は現代の多様化する食や栄養の課題に正面から取り組み、エビデンスに基づいた正しい情報を発信するとともに、人々の生活に寄り添った適切な食生活の実現を目指しています。

WAVES Japan の活動は様々な専門職がそれぞれの専門性を活かしながら栄養の課題に取り組もうという意欲的な試みであり、将来は「栄養の日・栄養週間」とも連携した取り組みも期待したいと考えています。WAVES Japan の活動がますます発展されることを心より祈っております。