Because WAVES

WAVESという理由。

 

WAVESは「教育」を考え方のベースに置き、普段は病院や施設で栄養サポートに取り組む、医師や歯科医師、薬剤師、看護師、管理栄養士、リハビリテーション療法士、歯科衛生士、介護・福祉職などの医療者が、地域の場で市民に正しい低栄養の知識を伝えるWAVESエデュケーター:エドとして教育(WAVESアカデミー)を行なっていきます。

エドから低栄養の正しい知識を学んだ市民はWAVESコミュニケーター:コムとして、保険薬局やスーパーやコンビニ、自治体窓口などを活動の場(WAVESひろば)とし、草の根レベルで市民に低栄養を啓発する活動を行い、地域に高齢者の低栄養を見守る市民健康支援ネットワークを作っていきます。

 

WAVESという理由

 

3つの事業軸  気づき【元気に食べてますか?】 学びWAVES【アカデミー】 実践WAVES【ひろば】